トップ > 多摩の霊園について > 環境や管理体制も選択の判断基準にする多摩の霊園選び

環境や管理体制も選択の判断基準にする多摩の霊園選び

 自分たちの代だけで必要なものではなく、お墓は子孫にまで代々長く受け継いでいくため、一人だけの判断で簡単に選ぶことができません。多摩エリアでの霊園選びにしても、代々受け継ぐことを考えると、選択時には家族との話し合いが必ず必要です。お墓を購入をしたらそれで完結をするわけではなく、年に数回の行事の際にはお墓参りにも行くことになりますし、ことあるごとに報告がてらお参りに行くこともあります。できるだけ家の近所に購入ができたとしても、自分たちが仕事などの理由で引っ越しをすることもありますが、その際に簡単にお墓は引っ越しはできません。檀家になっている寺院墓地での立場であれば、離れるときには離檀料もかかります。納骨に関しては3回忌まではしたほうが良いとされているのが一般的な認識なので、墓地自体も早急に探さなければならないわけではありません。これから引き継ぐことになる、子供や孫たちのことまで考慮をして、家族で相談所の上で決めることです。

 新たに多摩にお墓を購入するためにも、霊園や墓地の種類を把握して選ぶ際には知識として知っておくことです。宗旨や宗派に関しても外国よりは日本では柔軟性がありますが、自分の家の宗派などを確認しておくようにします。基本的に菩提寺があるならそのまま御墓を受け次ぐ流れですが、お墓を新しく購入するなら選択肢がひろいです。日本人ならではの仏教信仰なら宗派も最初から決まっているので、宗派の寺院にお願いをしますが、信仰のない人も多い人が多いのも日本人なので、民営霊園や公営墓地なども利用できます。宗派や宗旨は太いとする寺院墓地が増えているのが昨今ですが、それでも制限がいろいろあるのもお寺です。特に無宗教で進行はない人たちが、気楽に借りることのできる対象を選びならば、民営霊園と公営墓地はそれにあたります。公益法人や宗教法人が運営を手掛けるのが民営霊園の特徴であり、もしも法人の経営が傾き倒産となると、その影響を受けてお墓は返却の時代です。長く継続的利用を念頭に置くならば、運営は自治体となる公営墓地を選ぶようにします。

 人が住む住宅を選ぶ際にも環境は重要ですが、多摩の霊園選びにおいても、環境や管理体制はとても重要な判断基準です。水はけのよいしっかりした地盤であるかどうか、お墓のある周囲の樹木の様子に管理、美しい外観か騒音はどうか、風通しや日当たりの良さも抜群化など、お墓選びは住宅選びと似ています。立地に関係するのがお墓の環境ではありますが、自分たりの住宅選びと同じくらい、多磨の霊園選びでは重要です。見学に行くとしても天気の良い日だけのことを考えるのではなく、天候や時間帯の異なるときにも訪れてみて、雨の日などはお墓の水はけがよいかも確認をしてみます。環境として風通しがよくはなく、雨水がなかなかはけないようであれば、苔やカビが墓石に生えやすいです。樹木がお墓の近くにたくさんありすぎると、雨など自然災害の影響で地盤隆起した際には、そこに彼はなどが溜まりやすく、掃除は頻繁にしなければなりません。

次の記事へ