トップ > 多摩の霊園について > 多摩エリアにも探すことのできる多くの人の第一候補は民間霊園

多摩エリアにも探すことのできる多くの人の第一候補は民間霊園

 多くの人第一候補として選ぶのは、多摩にもある民間が運営をしている霊園です。墓地選びをするにあたり、いくつかの選択肢をもつにしても、初めの候補は民間墓地が選択肢となり、そのまま申し込むこともあります。自治体の運営をする公募墓地を利用するのか、それとも宗教法人や公益法人の管理と運営がされている民間霊園にするか、墓地選びでは最初の選択です。公営墓地は人気が高いですが、住民年数も関わることから、申し込みの資格自体がかなり制限されます。多くの人が公営霊園を希望するのに対して、現実的な霊園の選択肢として、公営墓地の利用はその資格を取得することから若干困難です。こうした背景があるためにほとんどの人が、第一候補としての霊園を、公営墓地ではなく民営墓地としています。民営霊園はたくさんの人が選びますが、宗門や宗旨不問の墓地が多いので、大方誰でも契約が可能です。公営墓地の場合であれば、デザイン性の高い墓石の建設や、西洋墓石も難しいところ、民営霊園だったらこれらは問題ありません。

 多摩での霊園を決めて墓石も依頼して、墓石工事がようやく完了を迎えたら引き渡しです。引き渡しの時には依頼をした、設計通りに工事ができているかの確認を行います。石材店に依頼をしてお墓の購入をするまでの期間ですが、まずが墓地見学を行い契約後に工事となり、期間的には1ヵ月から3ヵ月くらいです。もしも亡くなってからのお墓購入をするときには、この流れでは四十九日までには間に合いません。そのため納骨式に関しては四十九日ではなく、1周忌や3周期にすることがほとんどです。現代ではお墓への意識も大きく変わっているので、お墓は亡くなった後ではなく、生前に建墓をするケースが多くなっています。生前建墓は近年では大幅に増えているスタイルであり、お墓購入者のおよそ6割以上が生前に決めているのが現状です。

 いくつもの霊園がある中で多摩で霊園を決めるにあたり、費用面は確認を外せないポイントです。民営霊園をもしも選んだ場合、霊園管理費などの費用は、比較的数字は高めになります。利点が多いのが民営墓地ではありますが、民営は利益を目的として存在をしていますので、最低限の利益を充実のサービスのためにも挙げねばなりません。各自治体の運営をする公営霊園と比べてみても、管理費用や永代使用料などの金額は割高です。墓地購入をしての墓石を建てることも必要になりますが、利用者が好きに選んできた石材店での契約ができることは少ないです。懇意にしている石材店にお願いを使用という頭があっても、それができないのも民間霊園の特徴の一つになります。すでにいくつかの指定する石材店を決めているのが民間霊園であり、ほとんどの墓地では指定石材店制度を導入しているためです。民間霊園は利益があってこその運営ですから、万が一経営状況が傾いた時には、墓地の永久性も約束はされなくなります。

次の記事へ