トップ > 多摩の霊園について > 多摩の霊園を決めたら予算内で選ぶ墓石の見積もり依頼を

多摩の霊園を決めたら予算内で選ぶ墓石の見積もり依頼を

 お墓のことを考え始めたら、民営墓地なども候補の一つに入りますが、広告を見る限りでも値段的にも安くて、キレイでよさそうというのが、多くの人の持つ感想です。多摩エリアの民営霊園を検討している人なら、やはり広告の写真などの美しさも、決め手の一つにはなってきます。民間霊園の良いところは宗教での分け隔てがほとんどないことであり、宗門や宗派を理由にお断りのケースはまずありません。宗教に固着をしないという面からしてもわかるように、国内のどの寺院にも所属もし手配ませんし、檀家制度もないのは費用面で助かることです。良い面も多い民間霊園をマイナスの角度から見た時、土地の永代使用料の金額の高さは否めません。法事の際には僧侶への依頼から場所を抑えることまで、法事に関わる全ての依頼を自ら動いて行うことになります。墓石の購入に関してあらかじめ、霊園で指定をした石材店を指名されるので、購入時には割高感のある買い物になることもしばしばです。民間霊園の場合は、年間の管理料も発生をしますので、契約をしたら全く費用が発生をしないわけではありません。

 美しい多摩の霊園に墓地を決めることができたら、今度は石材店に墓石のための見積もりを依頼することになります。墓石の見積もりを依頼するにあたり、担当者にはどのようなデザインを希望するのか、予算の上限はいくらかなどを剃す男して、設計書を出してもらい、見積書も発行をして貰うことです。和型で縦に長いタイプが、日本の墓石でサインの最もポピュラーなバージョンですが、近年では洋風の横に長いタイプを選ぶ人も多くなっています。墓石選びにしても見本を見せてもらっても、デザインはかなり豊富にそろえられていますから、予算との鐘合わせにはなりますが、希望のデザインを選ぶことも可能です。かかる金額に関して墓石の場合は、加工や石のグレードに種類により、費用面は大きく異なります。墓石といっても石の種類としては、軽く100種類以上はあるので、支払いできる予算内での石を選択することです。

 お墓のことを考えた時に、多摩エリアにも優良な霊園を見つけることがありますし、墓地と霊園の違いを知っておくのも良いことです。寺院と公営と民営という3つのパターンが、国内の墓地には存在をしています。一般的に霊園と呼ばれているのは、民営墓地と公営墓地の2つのパターンです。自治体が運営をするのが公営墓地であり、利益事業として民間業者が運営をするのが公営墓地になります。高い人気を保持するのは公営墓地の方であり、抽選で選ばれる以前に募集をかけていないところも少なくはありません。公営墓地で募集をするにしても、年間でそのチャンスは1回のみであり、決められた時期に行われますが、応募人数は多数であり、ほとんどは抽選ですから運次第です。公営団地の安いイメージがあるので、公営霊園も安い印象ですが、霊園も公営だったら安価というイコールにはなりません。

次の記事へ