トップ > 多摩の霊園について > 多摩に霊園を決めた後の墓石購入では契約書を交わすのを忘れずに

多摩に霊園を決めた後の墓石購入では契約書を交わすのを忘れずに

 多摩での霊園選びでは、それぞれの種類の良い面とマイナス点を抑えておくと選びやすいです。民営霊園は国籍であったり、宗教などの制約がありません。墓石に関しての形をはじめ、好みのデザインを選ぶことができますし、区画面積に関しても選ぶのは自由です。自家用車でも来場がしやすいように、広めの駐車場を完備していたり、駅から霊園までの送迎サービスの利用ができたり、あらゆる施設も充実をしています。公営霊園との費用比較をした場合だと、民間霊園の方が管理費や永代使用料は高めです。民間霊園と同様に公営霊園の場合も、国籍や宗教絡みの制約はありません。寺院墓地や管理費用に始まり、永代使用料に関しても、民間霊園と比較をすると安いです。抽選での利用になるので応募に関しては多数であり、運次第で権利は手に入れるかどうかが決まります。

 多摩での霊園探しを決めたら墓石の用意になりますが、自分で石材店を探すこともできますし、墓地管理者に石材店を紹介してもらうことも可能です。ただ選ぶ墓地や霊園によっては、すでに契約をしている石材店があり、指定すす石材店しか選べないケースも少なくはありません。墓石を購入するにあたり希望のデザインと種類を選んで見積書を出してもらい、確認の上納得をしたら契約です。わざわざ契約書もいらないというわけにはいかず、決して安い買い物ではないのが墓石ですから、契約書を交わすのを怠ってはいけません。刻印の無いように墓石に刻む文字などの確認を行い、付属品の香炉や水鉢に花立などに至るまで、一通りすべて確認をすることです。手付金や半金は実際の工事前に支払いを済ませておいて、無事に一通りの工事を終了したら、残りのお金を支払います。一般的な支払いの流れですので、全額を公示前に請求する石材店はまずありません。

 都内で多摩に霊園を探すのであれば、どのような種類の霊園かも確認を行います。常に募集をしているのは民営霊園であり、営利を目的として民間の企業が運営をしているためです。簡単に言えばサービスを提供して利益を上げているスタイルですから、宗教だとか信仰が何であれ全く問題はなく、利用をしたいなら誰でも利用のできるタイプです。宗派など一切問われることなく契約はできますが、永代に渡り墓地を使用する権利費にあたる、永代使用料は高めの設定になっています。金額的に高めの永久使用料がかかるのとともに、年間管理費用も発生をするのが民間霊園です。利益目的での運営なのが民間企業が運営をする民間霊園ですから、運営会社が倒産をしたら、利用者もお墓を手放すことになります。区画を売り新しく利益が生まれなければ、その霊園は放置をされることが予測されるのも知っておくことです。安い印象を受ける公営霊園は、名前に公営がついているためであり、一概にそうとは言い切れません。

次の記事へ